年末年始にネットフリックスでサルベーションを見てます。「Salvation=救済」という意味です。

現在はシーズン2の13話まで見終わりました。

よりありがちな地球が壊滅するのを防ぐストーリーだと思ってましたが、シーズン1は100日後ほど先のタイムリミットに向けてハラハラ感がありますが、シーズン2になるとどうも人間同士のイザコザみたいなのがメインになります。

おいおい!そんな人間同士でゴタゴタしてる暇ないだろう!とツッコミたくなり、いよいよシーズン2で終わりかな〜と思ってました。

が、シーズン2の最後の13話でまさかの展開となります。

個人的にはよくここで盛り返してきたな〜と。

そうです、シーズン3が待ち遠しくなるほど新しい展開が始まるところでチラ見せで終わったんです。

よくある地球が壊滅する話はだいたい2時間の映画1本で終わることが多いですが、これは相当ながく楽しめます。

少なくてもシーズン2までに26話あり、シーズン3も考慮すれば約40話近くになります。

26話までの「隕石が地球に衝突するのを回避する話」ではなくなったので、これからさらに2倍ほどの話が待ってても全然おかしくないです。

サルベーションは以前からネットフリックスで見かけたことがありましたが、そんなに面白くはないだろうなと敬遠してました。

はい、食わず嫌いでした。サルベーションは早く見た方が良かった。

ただし、全話が配信完了になっていないので全話を一気に見たい人にはおすすめではないかな。