ネット動画視聴で必要なデータ通信量と通信費節約の方法

ネット動画を見るにはデータを消費するのでスマホやタブレットで見る場合にはデータ通信量のプランによっては気を抜けないことだと思います。

ネット使い放題のプランか、Wi-Fi環境でしかネット動画を見ないという人以外は、ドラマ1話や映画1本がどれだけデータを使うか知っておかないと大変なことになります。

このページではネット動画2時間を見るのに必要なデータ量や、データ消費量を抑えるための方法を紹介してみました。

ネット動画の視聴 データ通信量をどの程度使うか

U-NEXTやネットフリックスなどでHD画質などの一般的な動画なら1GBで約120分見ることができます。

アプリを使えば1GBで3時間ほど観ることができるケースもありますが、2時間程度と思っておいた方が無難だと思います。

また、Netflixのように最上プランだと4K画質の対応にもなっていますがそれだとデータ消費もより多くなってしまうので50型以上のテレビで見る人でないとおすすめではありません。

ネット動画の視聴 データ通信量の節約方法

ネット動画の視聴をするにはデータ通信量を節約するためのコツがいくつかあります。

  • Wi-Fi環境で見るか
  • Wi-Fi環境でダウンロードしておく
  • 使い放題プランを利用
  • 大容量のプランにする
  • モバイルWi-Fiルーターを活用する

Wi-Fi環境で見るか

これは超基本ですが、Wi-Fi環境でネット動画を見ればデータ通信の負担がかからないようにすることも可能です。

フリーワイファイや自宅にすでにネット環境がある場合にそれをWi-Fiで飛ばすという方法になります。

Wi-Fi環境でダウンロードしておく

Wi-Fi環境にあれば、視聴したい動画をダウンロードしておくことで、出先で通信することなくネット動画を見ることができます。

使い放題プランを利用

以下の格安スマホで契約をすればデータ上限なしで完全に使い放題のSIMを使うことができます。

  • 楽天モバイル
  • UQ mobile

ただし上限なしのプランも何かしらのデメリットを抱えているものです。

例えば、平均利用量を超えるデータ通信をした場合には一時的に通信速度を遅くされることもあります。

そういう意味では、自宅にはインターネット回線を用意して、Wi-Fiを活用した方が無難だと言えます。

大容量のプランにする

auの場合だとこの記事を書いてる今だと月3460円で30GBまでや月4260円で60GBまで使えるプランがあります。

ただし、どこの電話会社もネット動画などを見ることを前提に運営をしていないので、どうしても月額料金は高額になります。

なので、自分が1ヶ月にどの程度のネット動画を見るか?またフリーワイファイなどを活用することができないか?それによって大金を払ってでも大容量プランにした方が良いのかが決まります。

モバイルWi-Fiルーターを活用する

UQワイマックスなどのように手軽に持ち運べるモバイルWi-Fiがありますが、それらを契約して利用すればいつでもどこでもWi-Fi環境を自前で用意することができます。

ただし、これにも1日の通信量の上限があったり月額料金が自分にとって払う価値があるかどうかなども違ってくるので新調に吟味する必要があります。

最後に

ネット動画1本(約2時間)を見るのに必要なデータ量は1GBになります。

確約スマホなどであれば月1GB・3GB・9GBなどのプランで料金を抑えている人も多いと思いますが、毎日のようにネット動画を見るのであれば大容量プランなどに切り替える必要があります。

これば僕の個人的な意見ですが、スマホのプランを大容量にしてもその恩恵を受けるのはスマホ1台のみです。

そこで、自宅に光回線を引くことをおすすめします。

光回線を引いてしまえば月額料金は5千円弱はかかりますが、スマホもPCなど何代でも同時にWi-Fi環境で使うことができるようになるのでネット動画を見る以外でもすごぶる便利な環境を作れます。

また、テレビがWi-Fiを受けることができるタイプなら、LANケーブルをテレビに繋がなくてもテレビがWi-Fiをキャッチしてくれるので面倒なうえに見た目も悪いLANケーブル配線をテレビに繋ぐ必要もなくてすっきりします。